Pocket

仮想通貨の問題点を解決に導くことを目的とするプロジェクト”FuzeX(ヒューズエックス)”が注目を集めています。

 

ビットコインやイーサリアムをはじめとする仮想通貨はブロックチェーン技術によって革命的な変化をもたらすと期待されていますが、現状以下のような問題に直面しています。

 

・トランザクション増加による送金スピード遅延
・ウェブウォレットへのハッキング
・仮想通貨を利用できる店舗が少ない
etc

 

遅延で起こる問題として”0承認トランザクション”や、ハッキング対策のためにそもそもウェブウォレットには利用するほどの量を保有していなかったり、そもそも仮想通貨を利用できる店舗が少なかったり・・といった問題です。

 

そのため仮想通貨は投資対象の側面が非常に大きく、実用性が高くないため”通貨”として決済されることが少ないのです。

 

しかし、FuzeXプロジェクトの一つである”FuzeXカード(スマートカード)”を利用すればこれらの問題が全て解決できると期待されているのです。

 

そこで今回は仮想通貨の問題を解決するICOである、FuzeXプロジェクトについてご紹介していきます。

FuzeXプロジェクトの特徴とは?

冒頭でもお伝えしましたが、FuzeXプロジェクトとは現状仮想通貨が抱える問題点を解決することを目的としたプロジェクトです。

 

”FuzeXエコシステム”と呼ばれるシステムを開発・導入し、『仮想通貨を所持しているけど利用できない』という問題を解消して仮想通貨を”通貨”として広く認識させることを目的としています。

 

そのためにブロックチェーンテクノロジーと支払いソリューションの経験とソフトウェアとハードウェア開発の技術的ノウハウを融合させることでこの目的の完遂を果たそうとしているのです。

 

具体的には”FuzeXカード”、”FuzeX wallet”、”FuzeX Exchange”という3つのプロダクトからなり、特にFuzeXカードは仮想通貨を決済に利用するための重要なソリューションになると期待されているのです。

 

これら3つの特徴を解説していきます。

FuzeX Card

FuzeX Walletアプリを使用してさまざまなアカウント(クレジット、デビット、ポイント、仮想通貨)をFuzeXエコシステムに接続すると、スマートフォンを使わずにFuzeXカードで支払いが可能になります。

 

つまり、FuzeXカードが一枚あれば財布やクレジットカードやスマートフォンを持ち歩かずに買い物ができてしまうのです。

 

しかもFuzeXカードはFuzeX Walletと連動してコールドウォレット(オフラインで管理するウォレット)の役割も果たすため、ウェブウォレットに保管することで生ずるハッキングの心配がありません。

 

断片化された秘密鍵は暗号化され、FuzeXカードはFuzeX Walletの間に格納されます。

 

秘密鍵にアクセスするためにはFuzeXカード(カードのピンを介して)とFuzeX Wallet(アカウントパスワードを使用)のロックを解除する必要があるため、万が一FuzeXカードを紛失したとしてもウォレットにアクセスすることはできないため、スマホ1台で完結するウォレットよりも安心なのです。

 

また、為替レートとリアルタイムで連動しているため仮想通貨量と各通貨の価値が一目でわかる仕様となっています。

 

つまり一言で言うと、『安全性が非常に高い、コールドウォレットカード型デビットカード』です。

 

その他にも以下の特徴を持っています。

・最大30のクレジットカード、デビットカード、ポイントカード、仮想通貨アカウントを保管、管理、使用する

・電源のオン/オフ、ピンコードの入力、選択の実行、FuzeXカード自体の支払いの認証を行う内蔵ボタン

・アカウント間の残高を表示するE-Paper Display(EPD)、特典カードスキャンのバーコード、ブロックチェーンアドレスのQRコード

・マルチ暗号化支払い用EMV(ICチップ)

・クレジットカードおよびデビットカードの支払いのための近距離無線通信(NFC)

・報酬支払いのバーコード

・P2P転送の暗号化のためのQRコード

・FuzeXカードとFuzeX Wallet間のBluetooth接続によりセキュリティを確保(Bluetooth接続が切断されたときにFuzeXカードを安全にロックする追加オプションがあります)

・FuzeXカードからデータを消去するリモートワイプ技術

・45〜60日間のバッテリ寿命

・洗練された、スリムで充電式のポータブルバッテリバンク

 

FuzeX wallet

FuzeX walletはスマートフォンのアプリで、FuzeXカードと連動(同期)して利用します。

 

FuzeXカードおよびアカウント管理のハブとしてFuzeX Walletを使用すると、仮想通貨の保管、使用、受け取り、および転送が可能になります。

 

実際にデモ動画でFuzeX wallet(スマホ)からFuzeXカードへイーサリアム(ETH)を送信する様子を見てみましょう。

簡単かつスピーディにFuzeXカードへ送信されていることがわかります。

 

その他にも以下の特徴を持っています。

・FuzeXエコシステムへの登録(KYCを含む)

・さまざまな暗号化通貨の登録と管理

・口座残高、取引履歴、為替レートチェック

・登録されたデバイスだけがFuzeXウォレットにアクセスしてセキュリティを確保できます

・FuzeXカードが最後に使用された場所のインタラクティブマップとアドレス(Bluetoothを切断する前に)

・スマートフォン向けのAndroidおよびiOSアプリケーション

・秘密鍵、2要素認証(FuzeXカードPINとFuzeXウォレットパスワード)の安全な管理

 

FuzeX Exchange

FuzeX Exchangeとは、FuzeXカードを使って仮想通貨を普通のクレジットカードやデビットカードのような感覚での利用を目的とした、プラットフォーム(システム基盤)のことです。

 

ブロックチェーン技術を用いるため取引の改ざん等の不正は一切できず、仮想通貨の利用者は専用端末(POS)が置いてあるお店でFuzeXカードを使えば、対応する仮想通貨でスムーズに買い物ができるようになるのです。

 

しかも為替レートはリアルタイムであり、予め対応する仮想通貨と法定通貨を準備することでタイムラグを無くすので、トランザクション増加による送金詰まりの問題も発生しません。

 

また、企業側からすると仮想通貨での支払い時のレートで法定通貨が支払われる仕組みなので企業、お客さん共にメリットがある仕様なのです。

 

その他にも以下の特徴を持っています。

・3つのマルチ署名セキュリティキー(ユーザーキー、Exchangeキー、復元キー)で保護されたホストされたウォレットとしての機能* 3つのセキュリティキーのうちの2つが展開されている場合にのみ、トランザクションが実行されます。

・支払承認中にユーザーの口座に十分な金額の暗号化額を確認し、発行者/レガシー決済ネットワーク(MasterCard、Visaなど)と統合して、発行者に決済金額を支払う

・ユーザーが関連するボタンを押してFuzeXカードの選択を確認した場合は、支払いのために選択された暗号化を確認します

・ユーザーがユーザーキーを失った場合、ユーザーはIDを確認するときに新しいアカウントとユーザーキーを作成できます。 FuzeXは、Exchange KeyとIsolated Keyの組み合わせを使用して、以前のアカウントの残高を新しいアカウントに移転することができます

FuzeX Cardを入手する方法は?

FuzeX Card(カード)を入手するには、FNTトークンを購入してICOに参加する必要があります。

 

FuzeXプロジェクトは開発中の段階であり、ICOを行いFNTトークンを販売して資金を調達しています。

FXTトークンを購入するには?

FNTトークンは2018年1月15日〜2月25日までプレセールスを行なっています。

プレセールスは終了しました。

 

プレセールス期間中に購入するとボーナスとして+25%分付与されるので、FuzeXカードを入手したい人やFuzeXプロジェクトに賛同したい人は購入しましょう。

 

>FuzeX公式サイトはこちら<

 

購入するにはBTCかETHのどちらかが必要となります。

FNTトークン購入口数は以下の式を参考にしてください。

1ETH=12,000FXT

※最低購入数は5口から
※FuzeXカードは購入者全員に配られる予定

 

例えば、イーサリアムを使って5口購入すると、60,000FXT+25%分のボーナス15,000FXT=75,000FXTを所有することができます。

 

その他にもFNTトークンを購入しておくとこんなメリットがあります。

 

 

1:FuzeXカードの購入
FNTトークンを利用して、FuzeXカードを購入することができる

2:会員年会費の割引
年会費をFNTトークンを利用して支払うことで割引してくれる

3:取引の制限
仮想通貨から法定通貨に交換する際のリスクがあるため、取引制限をかけることができる

 

FuzeXカードはできる限り早く送付するとFuzeX側は発表しているため、到着までしばらく待ちましょう。

FuzeXの将来性や期待度は?

さて、FuzeX(ヒューズエックス)の将来性はどうなのでしょうか。

 

先ほども申し上げましたが、現在は資金調達中のため開発段階ですが、すでにデモ動画も上がっており開発力の高さが伺えます。

それもそのはずで、クレジットカードやデビットカード、ポイントカードを全て1つのカードに統合することができるプロジェクト”Fuzeカード”の開発チームがそのままFuzeXプロジェクトに携わっているのです。

 

”Fuzeカード”は既に2017年に資金調達を行い、現在日本でも利用している方もいるため、ICOでよく聞く開発されない問題のリスクが限りなく低いのです。

 

参考:https://zigsow.jp/item/335555/review/338298

 

またレビュー評価も非常に高く、1枚で全てのポイントカードやクレジットカードを収納できる利便さとスタイリッシュなデザインが好評なのです。

 

様々な仮想通貨をカード1枚に集約できるFuzeXでも同様のニーズはあるので、利用者が増えていくことが予想されます。

 

ただし、FNTトークンの有用性もはじめは限られるため、しばらくの間はメンバーシップトークンとして利用することになります。

 

ですが、今後FuzeXエコシステムに賛同するパートナーが集まり祝初施設や医療、旅行等のサービスをFNTトークンの利用を拡大していくことで、サービスプラットフォームへと進化していきます。

 

FuzeXに参入する企業が増えれば増えるほど、FNTトークンを持つ意味が増えていくというわけですね。

 

さらに、FuzeX Exchangeにトークンが登録されるとFNTトークンを使ってそれらのトークンと交換することができることも魅力の一つです。

 

仮想通貨自体を”通貨”として利用することは、企業側からしたらメリットしかありません。

 

それは、仮想通貨を法定通貨に交換されるよりも買い物で消費してもらった方が企業側にお金が流れるからです。

 

仮想通貨が普及し世界中で”億り人”が続出したことで、『仮想通貨長者からどうやってお金を使わせよう』と、考える企業が増えているのです。

 

その点から考えて今回のFuzeXプロジェクトはまさに利害が一致しており、しかも既に既存んの企業に導入されているPOS端末という点でも今後利用できる店舗が増えていく可能性があるのです。

 

ただし、FuzeX以外にも仮想通貨のカード系プロジェクトはTenXやMonacoなど参入社が多く激戦市場となっています。

 

しかし、FuzeXは(ヒューズエックス)はTaaS(利益分配型スマートコントラクトツール運営)が500イーサリアムを出資している点でも非常に期待が持てるICOと言えるでしょう。

FuzeXまとめ

FuzeX(ヒューズエックス)は、現状の仮想通貨の”利用”における問題点を解決するためのプロジェクトである。

 

FuzeXのICO参加方法は簡単で、FNTトークンも5イーサリアムあれば参加・購入可能で、それと同時にFuzeXカードも付与される。

 

利用者だけではなく、企業側にもメリットがあるため今後FuzeXを利用できる店舗が増えていく期待が持てる。

 

 

<今後情報が入り次第、追記してTwitterでお知らせしますので、フォローお願いします^^>