Pocket

ビットコインをはじめとする仮想通貨の分裂問題が度々話題になりますが、あまり意味や仕組みを理解しておらず「なんでビットコインはこんなに分裂するんだろう?」と感じたことはありませんか?

 

実際に2017年だけ見てもビットコインを保有していただけで『ビットコインキャッシュ』、『ビットコインダイヤモンド』といった仮想通貨を入手でき「よくわからないけどコイン貰えてラッキー!」という人が多いはず。

 

でも実際はビットコインそのものが消滅する可能性もあったので、手放しで喜べる状況ではなかったことを知っていますか?

 

そこで今回は、ビットコインや仮想通貨が分裂する意味や仕組みを解説します!

そもそも仮想通貨(ビットコイン)とは?

そもそもビットコインをはじめとする仮想通貨は”インターネット上に存在する電子データ”でありながら、法定通貨と同じくモノや通貨と交換、売買することができます。

 

つまり、”価値を持っている”ということです。

 

実際に家電量販店のビックカメラやコジマなどではビットコインの支払いに対応しており、今後もこの流れは続いていき『現金やクレジットカードよりも、仮想通貨払いが主流になる世界』の可能性を秘めています。

 

そんな仮想通貨ですが、法定通貨と大きく異なる点は中央機関に依存していないという点です。

 

例えば日本円は日本銀行で発行・管理され我々の資産は銀行によって守られていると同時に、”日本という国の信頼”のもと価値が成り立っているので日本経済が崩壊すると一気に価値を失ってしまいます。

 

一方ビットコインには中央機関が存在しておらず、ネットワーク上で繋がった個人(企業)で”取引データを監視しながら更新”する”ブロックチェーン”と呼ばれる方式を採用しています。

 

ここでブロックチェーンの仕組みは少しだけ解説します。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは取引情報を1つのブロック単位に小分けして繋げ(取引情報の追記)、ブロック(情報の塊)をチェーンのように一直線に繋げていくことで膨大な取引台帳を追記(更新)していくシステムです。

 

でも、中央機関がないと”不正し放題なんじゃない?”と思われがちですが、第3者全員が平等な権限を持ち取引データを更新・管理することで資産や価値を守っているのです。

 

例えば銀行では『AさんからBさんへ1万円送金した』というデータが一切開示されませんが、ブロックチェーン上では今までの取引情報全てが『全世界中に公開』されています。

 

今までの取引情報が全て公開されているので、例えば『AさんからBさんへ1ビットコインを送金した』という取引情報を”無かったことにして、再び送金されるようにデータを改ざん”したとします。

 

しかし、全世界中に取引データが開示されているため改ざんされたらすぐわかることと、”ブロックを繋げるには過去の取引情報とデータが一致していること”がルールなので、1度行われた取引は一切改ざんできないのです。

 

つまり取引情報を全て開示することで逆にデータを改ざんできないセキュリティとして確立しており、これがブロックチェーン技術を用いるビットコインの価値が上昇している理由でもあります。

 

その他にも特徴を持っており、仮想通貨やビットコインの価値は急騰を続けています。

 

・取引データ追記作業は10分間に1度行われる
・追記作業をした人に報酬として12.5ビットコインが支払われる(マイニング)
・世界中どこにいても数分で着金する

 

先ほど『取引データを改ざんすることはできない』と解説しましたが、実はマイニング(採掘)を操作することで”理論上”は改ざん可能です。

 

しかしマイニングは競争が激しく同一のマイナーが支配することは難しいことと、不正行為でビットコイン全体の信用が無くなり価値が暴落するとマイニングする旨味がなくなるので、結果的に不正行為は発生していません。

 

マイニングの仕組みは複雑ですが、この事実だけ抑えておけば大丈夫です。

 

マイニングの詳細はこちらの記事を参考にしてくださいね。

 

参考:仮想通貨(ビットコイン)マイニングとは?仕組みを徹底解説!

なぜ?分裂が起きる意味や仕組みとは?

そんなビットコインに『なぜ分裂が起きるのか?』、その意味や仕組みを解説していきます。

ビットコインが分裂する意味

ビットコインをはじめとする仮想通貨には”スケーラビリティ問題”と呼ばれるトラフィックが枯渇して処理が遅延する問題を抱えています。

 

取引台帳のブロックサイズは1Mにまとめられているのですが、”取引量の増加”が原因で処理が遅延してきているのです。

 

ビットコインのウリでもあった『世界中どこにいても数分で送金できる』という特徴から、現在は取引量が重なると数時間立たないと送金されない報告も上がっています(それでも充分早いですが)。

 

今はまだビットコインをはじめとする仮想通貨の利用目的が投資や投機がほとんどのため不便さを感じづらいですが、今後”ビットコイン支払い”が主流になるにはどうしても解決すべき問題と言えます。

 

そこで遅延問題を解消するために”分裂”という方法を用いるのですが、その前に”フォーク”と呼ばれる”分岐”について解説していきます。

フォーク(分岐)とは?

”フォーク”とは分岐を意味し、先ほど取引台帳は一直線に繋がっていると説明しましたがブロックチェーンは稀に”分岐”します。

 

例えば10分間に1度のマイニング作業でAさんとBさんが同時に計算を解いた場合、ブロックチェーン上に2つのブロックが”分岐”することになります。

 

そして片方は『Kさんが5ビットコインを保有しているブロック』、もう片方は『Kさんが10ビットコインを保有しているブロック』といったように両方で異なるブロックを生成することも可能なのです。

 

ですがブロックチェーンには”長いブロックを持つチェーンを正当化する”というルールがあるため、その後はどちらか一方のチェーンにしか追記されないため片方のチェーンは破棄されるのです。

 

先ほどブロックチェーンは”中央機関に依存しない”とご説明しましたが、ビットコインの今後を巡り”ビットコイン開発者陣営””マイニング陣営”とで意見が対立しているのです。

 

対立している背景には多くの欲望と利権が関わっているため今回は割愛しますが、遅延問題を解決するため2つの方法で争っています。

 

・ブロックに入れる取引データの縮小(ソフトフォーク)
・ブロック容量の拡大(ハードフォーク)

 

ということで、スケーラビリティ問題を解決する2つのフォークを解説していきます。

ソフトフォークとは

ソフトフォークとは”ブロックに入れる取引量データの縮小”のことで、データを圧縮させることで取引量のサイズをコンパクトにして遅延問題を解消する仕組みです。

 

例えば、今の容量1Mブロックに取引データが10個しか入らないものを20個入るように取引データを圧縮するのです。

 

ソフトフォークは”Segwit(セグウィット)”と呼び、”分裂はしません”が我々の目ではわからない部分に変更が入るため、”ソフトウェアのアップデート”のようなものと捉えてもらえれば大丈夫です。

ソフトフォーク事例

過去にソフトフォークした事例は、以下の通りです。

 

・ビットコイン(BTC):2017年8月1日にビットコインがSegwitを実装
・デジバイト(DigiByte):デフォルトでSegwitを実装
・ライトコイン(Litecoin):2017年5月11日にSegwitを実装

 

デジバイトに関してはデフォルトで実装されていますが、Segwitが実装されると対象銘柄の価格が変動することがあります。

 

例えば2017年の5月に実装されたライトコインは実装発表直後から価格が上昇し10倍以上の高値を更新しており、分裂はせずとも価格上昇に関係があるイベントなのです。

ハードフォークとは

一方ハードフォークとは”ブロック容量の拡大”のことで、取引データサイズはそのままでブロックサイズを拡大して取引量を増やし、遅延問題を解消する仕組みです。

 

例えば、ビットコインでいうと現状1Mのブロックサイズを2Mに拡大すれば単純に取引量が2倍になることで、遅延問題を解消する方法です。

 

ハードフォークを行うと仮想通貨は”分裂をする”ことになり、保持している仮想通貨に応じた枚数の新たな仮想通貨が手に入るのです。

 

しかし、先ほどのビットコインの開発者運営とマイニング運営による対立のせいで”既存のビットコインが消滅する可能性”も危惧された分裂騒動が存在しています。

 

今は沈静化していますが、今後も分裂問題が再燃する可能性もあるので注意が必要です。

 

参考:B2X(Segwit2x Bitcoin)の分裂は超危険!?B2Xとは?価格・取引所まで徹底解説!

ハードフォーク事例

過去にハードフォークした事例は以下の通りです。

 

・イーサリアムクラシック(ETC):イーサリアム(ETH)から誕生
・ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインゴールド(BCG)、ビットコインダイヤモンド(BCD):ビットコイン(BTC)から誕生

 

一番流通しているビットコインのハードフォークが目立ち今後も分裂は続いて行くと予想されるため、それを象徴するかのようにビットコインが高騰しています。

 

基本的にソフトフォーク、ハードフォーク共に一般ユーザーの利便性を高めるアップデートなので価格は高騰しがちですが、アップデートは投げ売りで暴落する可能性もあるので、ハードフォークに合わせて購入される方は充分注意しましょう。

まとめ

ビットコインをはじめとする仮想通貨が分裂する意味は、トラフィックが増加し処理が遅延する”スケーラビリティ問題”を解決するため。

 

問題を解決するためには2つの方法があり、一つは”分岐”でもう一つが”分裂”である。

 

”ソフトフォーク”、”ハードフォーク”両方ともビットコインの仕組みを改善するためのアップデートなので、利用者にとっては善である。

 

 

 

↓ クリックで応援お願いします!!


仮想通貨ランキング